さて、ブログでも予告しておりましたとおり、次なる儀式を用意しています。
今回は、「納幸の儀」と題しておりますが、天皇家の婚約が決まると、
「納采の儀」という、一般の人達の結納にあたる儀式が行われます。
この儀式のもともとの意味は、今の結納の意味とは少し違います。
それは、この人とこの命尽きるまで、結び合い生涯をともに分かち合います。
といった、ロマンチックな意味ではなく、もう少しグロテスクな意味合いを含んでいると
言ってもいいかもしれません。これ以上のことは、ご参加いただいた方に詳しくご説明
させていただくことにして、今回のこの儀式は、極簡単に言ってしまえば、
この「納采の儀」の原初的な意味と近い儀式になります。

互いの繁栄と幸福、そして「永遠の命」を約束し合う儀式と言ってもいいかもしれません。
「永遠の命」つまリ、「転生しない」或は、二度と過去の記憶を失わない
という約束を意味し、それは正しく次元上昇に関わる約束の儀でもあります。
あなた自身は勿論のこと、あなたの命をこの世に現してくれた先祖や、
あなたのソウルグループ、又、宇宙的な家族などのグループにとっても、
この儀式は重要な意味を含むことでしょう。
ぜひ、このチャンスを活かしてくださいね。

日時 2008年9月9日 18:30〜
場所 Super Life Gallery
参加費 ¥12.000