オーラ、チャクラ、魂、スピリチュアルに続いて、「宇宙人」もそろそろ市民権を確保できそうになってきているようですが、そう思っているのは、私の希望的な偏見でしょうか?

 Mセッションを受けに来てくださる方達に、すべての混乱、悩み、問題の根底に、「地球人になりきれない」という根源的な原因があるということを、お伝えする場合があります。この方達は、いわゆる〈ワンダラー〉とか、〈ETソウル〉とか、〈スターピープル〉などと呼ばれている人達です。
 私自身が、そういう存在なので、宇宙の「同種引き寄せあう」という法則どおり、同じような方達を引き寄せるのでしょう。
 さて、この方達にいろいろとお伝えしなければいけないことがあったのですが、今までずっとタイミングを待っていました。何故なら、殆どのETソウルは、自分自身のことをまったく知らずに忘却した状態のまま生きているのです。そして、人間として合格点をいただけるように、人間社会の良識や常識、善意、習慣、概念などを、必死で身につけてきたのです。さて、皆さん上手く化けることができているのでしょうか?
 そんなETソウルたちに向かって、実は、あなたは半分以上宇宙人ですよ。と、言っても「何をこの人は馬鹿なことを言っているのだろう?・・・」と思われて終わるのが落ちです。
 ところが最近は、ようやくスピリチュアルと科学、そして宇宙が、皆さんの認識の中で少しずつつながってくるようになりました。私が、長い間待っていたのは、まさにこのポイントです。
 ここ十年くらいのうちにスピリチュアルという言葉も、すっかり耳慣れてきたことだとは思いますが、それでも、「スピリチュアルとは何ですか?」と聞かれたら、返事に困る人が殆どかもしれませんね。
 日本では、何でも商売の材料にしようとする、悪い意味でハングリーなところがあるので、女性誌などでも似非スピリチュアルを思い切り発信してくれています。そんな情報に惑わされること無く、真実を探求しようとする人が少しずつでも増えていることは大変喜ばしいことだと感じています。しかし、欲を出してもう少しスピードを上げていいきましょう。地球のこの次元は、もうすぐ終焉のときを迎えようとしているのですから。
 霊的なことは、科学では解明されないことであり、非常に神秘的なことだと、思われていますが、確かに神秘的と言うことはできるでしょう。それはあまりにも完璧にデザインされているからです。しかし、これが非科学的と言われるのは、地球の科学があまりにも遅れているためです。
 そして、極めて客観的に考えれば、誰でも「この広大な宇宙に、知的生命体が地球人しかいないはずは無い」と、思えるはずです。勿論、この宇宙にはたくさんの生命体が住んでいます。それだけではなく、この地球上にもたくさんの宇宙人が来ていて、皆さんの中に上手に紛れ込んでいます。その中には、UFOに乗ってやって来て、そのまま地球人のふりができるような、一見人間と見分けがつかない宇宙人達もいます。すぐに宇宙人であることがばれそうな宇宙人は、人間と契約をして、途中からその人の肉体に入り込む、いわゆるウォークインと呼ばれるやり方をします。そして、もうひとつ特別に霊的手段を使って、仲間との共同計画を実行するために、地球人として、お母さんのお腹から人間の肉体をもって生まれてくる場合もあるのです。この人たちは、肉体的には地球人であっても、精神や感覚、感性、知性などは、自分のルーツである宇宙人のそれを、持ってきています。ですから、「魂」の情報は、宇宙人なのです。そのため、ETソウルとか、ワンダラーなどと呼ばれています。
 この人たちは、大変な勇気を持って、たくさんのリスクを承知でこの地球に降りてきました。しかし、前述のとおり、必死で人間に化けているうちに、自分達の計画も、自分が何者であったのかもすっかり忘れ、自信を失い、目的意識も、希望も無く、疎外感や孤独感を抱えたまま、ただここにいるだけになっている人があまりにも多いのです。さあ、そろそろ思い出すときが来ています。あなたの肉体は、地球人であっても、魂はシリウス人であったり、火星人、やアルファー星人、プレアデス人かもしれません。
 私自身は、幸いなことに自分について覚えていることが非常に多く、最近は、特に次々と新しい記憶の扉が開かれています。そして、以前から私のようなETソウルに必要な情報を伝え、それぞれのルーツとつながる方法や、仲間との交信の仕方などを実際に訓練していただくと共に、皆さんの記憶の扉が順当に開かれるように準備をお手伝いすることが私の計画にあることを感じてきました。
 いよいよ、その計画を開始するときが来ました。「まさか、私が・・・」「ふ~ん、そういう人がいるんだ」など、自分自身がETソウルだとは、まったく思わない人の中にも実は、そういう方はいるのです。ですから、どなたもまったく関係ない話と思わずに、まずは、自分自身を疑ってみてください。自分に気づかないままで終わるのは、あなたにとっても仲間にとってもあまりに大きな損失ですから・・・
 自分自身を知りたいと思っている方は、ぜひ31日に行う「宇宙意識の目覚め」と題した今回のワークショップにご参加ください。
 勿論、あなたがETソウルで無くても大歓迎です。地球人は、いつも地球人として生まれてくることは無いのです。かつては、シリウス人や火星人であったかもしれません。そして、そのときの情報は、今もあなたの中に残っているはずです。
2012年といわれる大きなポイントは、もしかしたら、もっと早くにくるかもしれません。それまでに、あなたが開かなくてはならない記憶の扉とアクセスすることは、誰にとっても非常に必要です。ぜひ、宇宙観を体験してみてください。