各種イベントやセッション以外にも身近なスタイルでの情報発信によって、皆さまとご一緒に、継続的に実践型スピリチュアル・ライフを創造していきたい!との思いからスタートいたしました。ダイナミックな変革エネルギーの波を生きる中で皆様のサポートになるような情報発信を目指していきます。

たくさんの方にメールマガジンをお読みいただき、また、新たな配信のお申し込みもいただき、感謝しています。しかしながらメールマガジンの配信には時間がかかり、さらに人数の急増といったこともあり、目覚ましく変化し続ける地球や、社会のなかで、情報発信をする手段として、適切でないように思います。したがって、今後よりたくさんの方にお読みいただくためにも、メールマガジンの配信という形から、情報掲示板の掲載という形に切り替えさせていただくことにいたしました。
 常に地球の変化とともに歩む皆様とともに、Super Life Galleryもより良い形で活動できるよう務めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。


第一回目メールマガジンの内容はこちら


■□■  2010年7月30日
□■□  Super Life Gallery 発行
■□■  スペシャルメールマガジン vol.1

☆◆------------------------------------------------------------------------☆◆

・はじめに…
・【連載】:Super Life Gallery主催 MASAKO スピリチュアルメッセージ
 ~“学びのとき到来”。私たちは、どう生きるべき?~
・【実践ポイント】
・【お知らせ】
・編集後記

☆◆------------------------------------------------------------------------☆◆

◆☆はじめに…◆☆

 こんにちは!Super Life Galleryから初めてのメールマガジンを発行することになりました。こうした形で皆さまとコミュニケーションできることをとてもうれしく思っています。セッションや各種スクールなどでお伝えできることにプラスして、身近なスタイルでの情報発信によって、皆さまとご一緒に、より実践的スピリチュアル・ライフを創造していきたい!との思いからスタートしました。ダイナミックな変革のエネルギー真っ只中の今を生きるサポートになるような情報発信をもとに、今後は、イベントやさまざまな企画をとおして楽しみながらシェアしていけたらと思っております。

では、どうぞお楽しみくださいませ♪


◆☆------------------------------------------------------------------------◆☆

  連載:Super Life Gallery主催 MASAKO スピリチュアルメッセージ
 ~“学びのとき到来”私たちは、どう生きるべき?~
 vol.1 社会は私たちの内面の投影

◆☆------------------------------------------------------------------------◆☆

 
政治、経済、環境、全てがバランスを崩した混迷の時代にあって、私たちは、今、社会的な限界に突き当たっています。そして、今まで、自分の周囲の限られた社会にしか目を向けてこなかった人達でさえ、環境問題や経済問題を、切実な事と捉えて、地球社
会の未来について考え始めています。
 皆さんや、皆さんの周りの人達も、日常生活の些細なことから、人生そのものといったことまで、今一度立ち止まって考え直し、新しい「何か」を模索し始めている人が、増えていることでしょう。この「何か」とは、自分だけの人生ではなく、皆が幸福な人生を営むことが出来る、より良い社会のあり方と、言うことも出来るかもしれません。
これは、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、人類の意識改革に向けての大きなチャンスだと感じませんか?
このように、客観的な視点でこの地球社会を、眺めてみたとき、それらは多くの大切なメッセージを持って私たちに呼び掛けています。
その呼び声をキャッチし、どうしていけばいいのか。危機感が教える考え方そのものの変革を、連載形式で、皆さまとご一緒に考えていこうと思います。

* * * 社会とは、個々人の内面の投影であること * * *

 さて、危機感を持った皆さんにとって、転職、自分の才能や能力、生きがいとなる事、魂の目的、そして、これらの受け皿となる社会のあり方。また、人間関係や恋愛や結婚のあり方など、考えるべきことは、たくさんあると思いますが、私たちが、社会について考えるとき、基本として忘れてはならない重要なポイントがあります。それは、
「何時いかなる時にも、社会は、個々人の内面の投影に過ぎない」と、言うことです。
 ですから、どんなに辛い社会生活も、最近起きている残酷な事件も、何かのせいにすることは、意味の無いことです。どんな場合にも誰一人被害者は、存在しません。

 たとえば、最近のニュースを拾って見ると、幼児虐待という悲しいニュースは、たくさんの人の心を痛めています。これは、鬼のような心を持った母親のせいと、一言で済ませることは出来ないことも、誰もが感じていることでしょう。

 幼児虐待に限らず、私たちの過去の歴史を振り返っても、人間同士は、絶えず殺しあってきました。これを何かのせいにして終わらせることなど、決して出来ません。戦争は、遠い国で起きている他人事ではなく、極身近なことなのです。つまり、これは、全ての人間の中にもある残虐性の投影であり、私たち人間は、自分自身の一つの側面として、この残虐性を改めて見つめ直し、責任を持たなくてはならないことに気づくべきでしょう。
人間に潜在する残虐性について、もう少し身近な例を挙げるなら、このことについて考えてみるのが良いでしょう。

あなたは、自分に不当な行為をした人を、ただ許すことが出来ますか?もし、その人が何か不幸な経験をしていたとしたら、少しホッとしたり、あるいは、当然だと思ったりしませんか?

自分がされる立場でなかったとしても、悪行を行った人は、当然罪を認めて購うべきだ、あるいは、罰を受けて当然だ。と、考えたりしませんか?

これこそが、人間に潜む残虐性であり、この残虐性を煽る危険な道徳的、宗教的概念です。
これは、スピリチュアルとは程遠い概念であることを、この際改めて認識してください。
あなた自身に内在する「空」=「神なる意識」は、誰も裁くことはありません。
このように、社会に起きていることは、私たち人間の内面の投影であり、いつでも自分自身が当事者になる可能性があることを、示唆しているに過ぎません。

あなたがもしこのような感覚を失っているとしたら、あなたの脳は、社会意識という洗脳を受けた「奴隷脳」です。あなたの脳が、恐ろしい機能不全を起こしている「奴隷脳」状態になっていないか、チェックしてみる必要があります。
<実践ポイント>にチェックシートを用意しましたので、ご活用ください!

* * * 自らに無条件の許可を与えること * * *

 さて、社会に対する意識の持ち方は様々ですが、正義や道徳、そしてポジティブを振りかざす、ある意味暴力的とも言える人達は、あまりにも多く、残念なことにこのような人達が、大概の場合社会においてリーダーシップを取っています。
 たとえば、陰謀論を熱く語り、「もうだまされるな、われわれの正当な権利を取り戻せ!」というメッセージを伝えようとする人達。あるいは、「諦めるのは最低だ。弱音を吐くな。
あくまでも戦え!」と、広く社会に叫ぶ人達。彼らのメッセージは、正しいと感じる人が多いのです。確かに間違っていることはありません。
しかし、これは、明らかに「空」の持つ意識とは程遠く、傷ついた人間や地球や地球上の生命を癒せるものではありません。
 
あなたは、全ての物事をどのように観ているでしょうか。あなたは、正義のために戦うことや、栄誉や利益や人からの評価のために自分の大切な意識を制限して生きることを、望んではいないでしょう。
 ただ、瞬間瞬間の「至福」を求めているだけだったのではなかったでしょうか?
これからも次々押し寄せる、社会的危機状態をチャンスに変えて、「奴隷脳」から自分を解放し、抑圧してきた「神なる意識」を覚醒させるために、自らに無条件の許可を与えることは、今の人類にとっての、最優先事項といえるでしょう。
(続く)

◆☆------------------------------------------------------------------------◆☆

 【実践ポイント】あなたの奴隷度をチェックしてみましょう!

◆☆------------------------------------------------------------------------◆☆

☆・・・ あなたは、毎日自分を許していますか?・・・☆

 現代人は、反省会が大好き。ついつい自分を責めて落ち込んでしまうことも多いでしょう。
しかし、どんな失敗も未熟さも、そのことに気づくことが、成長の証です!そして、失敗は、あなたが勇敢にもチャレンジした結果です。このチャレンジこそが魂の喜びであることを知りましょう。
  
 過去一切の経験は、全て完璧であり、それらの経験を祝福することから新たな一日をスタートさせましょう。

☆・・・ 自分の魂より、他人の評価を気にしていませんか?・・・☆

 声なき魂の意志に従うことは、難しいと思いがちです。それよりも、今日をうまく乗り越えるために、他人の評価を得る方がたやすいので、ついそちらを優先していると、このような考えや行動は、パターン化して、気づくと魂の輝きが失われているといったことになりかねません。

☆・・・ 善悪・正義・モラルなどに縛られるがあまり、何が「愛」だったかを思い出す暇がない? ・・・☆

 常に、何が正しい判断か、正しい行動か、と神経質に考えてしまう裏には、非難されたくないといという思いが潜んでいます。これは、典型的な奴隷脳です。

☆・・・ つい何事にも優劣をつけて判断してしまう?・・・☆
 このようなジャッジメント癖は、優秀な奴隷になるための必須事項です。

☆・・・ 自分の内面と深く向き合うことによって、自分自身の「神なる意識」
にアクセスする暇が無い?・・・☆

 霊的なことよりも、現実的なことを優先してしまうのは、制限だらけの不幸な現実に自分を縛り付けることに他なりません。また、まだ起きてもいない悲惨な現実を創造するために、勤しんでいるとも言えるでしょう。

☆・・・ 今とっている行動は、本当にやりたいことですか?・・・☆
 いつも他者や、グループのことを考え、自己犠牲を払うパターンを作っていたり、責任を全うすることが優先事項になっていて、広い意味で、自分や他者にとって必要なことが何かを理解するチャンスを失っていたりすることは、よくあります。



◆☆------------------------------------------------------------------------◆☆

【お知らせ】

* * *「ZERO POINT SCHOOL」NEWクラススタートのお知らせ * * *
Super Life Galleryにて開講の「ZERO POINT SCHOOL」
9月から始まる新しいクラスのテーマは「Transition&Integration」
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

地球進化と共に人類の意識が急速に変化しようとする今、変化に対する恐れを手放し、魂の計画を受け入れて、確実に変化してゆくこと。そして、それぞれに内在する「神なる意識」との統合を目指し、全力でサポートしていきます。
さらに進化した力強い内容でスタートします。ご期待ください!!
(詳細は、HPをご覧ください http://superlifegallery.com/

* * * “81”スペシャルイシューを次号より連載スタート!* * *
スピリチュアル恋愛術『聖なる恋愛コード81』のもう一つの真実、
Masakoと共にパートナーシップに挑んだ夏目治彦による
男性目線の“81”外伝、スタート!
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 恋愛だけではなくビジネスにも家族関係にも、すべての関係構築
に大切なパートナーシップ。男性にも是非しっかり向き合っていた
だきたく、本企画語り下ろしです。お楽しみに!!

◆☆------------------------------------------------------------------------◆☆

◆☆編集後記◆☆

 さて、第一回目のメールマガジンはお楽しみいただけたでしょうか?設立から11年を
迎えたSuper Life Gallery。地球社会を変えていく皆さま一人ひとりのサポートをさせ
ていただくべく、わかりやすく、楽しく、ときにパンチのある発信をしてまいります。
そんな一つの取り組みとしてこのメールマガジンが日常から皆さまのお役に立てるよう
スタッフ一同心を込めてお送りしてまいります。

 連日の酷暑の中、皆さまお体も充分ケアしてくださいね♪ 最後までご覧いただき
ありがとうございました。

☆本メールはSuper Life Galleryからのお知らせを許可いただいた方へお送りしています。
☆本メールの転送は自由です。どうぞ皆さまの大切な方へもシェアしてください。
☆All Rights Reserved Copyright.(C) Super Life Gallery.

■□■ 株式会社 SLGホールディング http://superlifegallery.com
□■□ 本メールマガジンへのお問い合わせや購読のお申し込みは
■□■ 現在、受け付けておりません。