この地球の緊急事態に際して、一切のご報告もないままに全てをキャンセルし、多大なご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます。また、このような事態に対し、多くの方から心優しい応援のお言葉や、お許しのお言葉をいただいたことに感動し、心から感謝しております。ありがとうございました。

改めまして、多くの方からたくさんの期待を受け、個人セッション、奇跡の輪、そして情報会などご予約いただいていたにも関わらず、一切のご説明もないままにすべてをキャンセルさせていただきましたことに深くお詫び申し上げます。
 また遠方よりお越しの方に連絡が取れない状態のままでご足労っをおかけしたり、通常ならば許されないことであることも重々承知の上で取った私の措置ですが、お一人おひとりの愛と奉仕の意識に対し誠実に向き合う気持ちに変わりがないことをご理解いただければ幸いです。
 そこで、情報会メールをお申込みいただきました皆様にはまた、別途詳細のご説明が送られることになりますが、ご心配や不信感などを与えてしまう結果となったこの事態に対しても少しこの場で皆様にご説明させていただきます。

 まず、3月11日まだ記憶に新しい震災の後、皆さまの関心は、次なる展開であり、それは富士山噴火なのか、東海地震なのか、太陽の動きは・・・ということでしょう。
 まさに今、日本は警笛を鳴らし続けることにより、世界中の人々に地球の緊急異変を知らせようとしています。
 それでは今いったい地球に何が起きようとしているのでしょうか?
 それは地球にとって、これまで蓄積されてきた、地球自身のさまざまな可能性を抑圧する要素を、一気に浄化しなければならないプロセスに差し掛かっているのです。また、それに伴い世界規模で多くの災害が勃発しようとしています。これらの動きは、銀河の決定事項です。少し時間をずらすことはできても、誰にも止められないでしょう。
 
 地球意識は、皆さんの意識と同じように、宇宙の中で重要な営みを担っています。そして、皆さんの魂のサイクル同様に地球も2万5千年という一つのサイクルを持っています。今皆さんはそのサイクルの終わりとはじまりを経験しようとしする特別な時期に生きているのです。

 前述のとおり、すでに決定されているカタストロフィーの内容を少しでも軽減することができないものかと考え、新しいタイムラインの形成のために、集中してワークしてみました。それは浄化の速度を上げるために、水と火のバランスをとる祈りでもあります。
 しかし、日本に悲劇的な事態が起きる危険性は、はっきり申し上げて回避できそうにないのです。
 そこで、改めて私は何をしたらよいかを深く考察した結果、時間的な猶予を与えてもらうために、一切を捨ててフォーカスしなければならないことに気づきました。
そのために皆様には大変ご迷惑をおかけすることも承知の上で、決断しました。
 少し、猶予ができたように思います。当初宇宙の神々、地球の神々、また多くのマスターたちは、4月6日~10日あたりにも再び大きな震災を日本に起こす予定だったようですが、これには日本古来の神々が同意しなかったために、少し時間の猶予が与えられました。今、私は地球の未来を創造するために生まれた魂を持つすべての人が日本を脱出するまで待ってほしいと祈っています。
 そのような事態が近づいているのです。昨日もまたかなり大きな地震がありました。これは地球からの警告です。もちろん私自身皆さんの不安や恐怖をあおることは趣味ではありませんから、こんなことを申し上げるのは心苦しいのですが、そんなことも言ってはいられないような事態がすでに起きています。
 早ければ今月末にも次の大きな地震がおきるかもしれません。そうなれば、次々と世界中で大地震と津波が繰り返されることになります。今から6月までは休む間もなく天災が続きます。できれば日本を脱出してください。なぜならすでに3月11日の震災によって日本は30センチ程東南方向にずれたのです、次の地震が来ればもっと動くことになるでしょう。津波を避け、内陸のできるだけ高いところに避難してください。
東海、南海の地震を予想し、日本から脱出できない場合は、北の方へ避難してください。
 今もあきらめることなく、地球のため、日本のため、そして私たち人類のためにワークし続けています。皆さんにも未来に続くタイムラインに乗り換えていただきたいのです。
これは大変勇気のいる決断であることは言うまでもありませんが、この意識の変革こそが、地球の浄化につながります。
 多くの方の高潔なる決断を心より祈っています。

 何のインフォメーションもないままにこのような私の決断を許してくださった、多くの方から、むしろ心優しい応援の言葉や励ましの言葉を受け、地球意識につながっている存在として、私と同じようなことを感じて深く理解していただける方がいらしたことに、感銘を受けました。心から感謝しています。ありがとうございます。

 今回のキャンセルは、当然のことながら皆さんに対する不実な思いや無責任な態度を露呈したわけではありませんが、不安を抱き、困惑された方はむしろ当然と心得ております。多大なご迷惑に心からお詫び申し上げます。

最後に、今までこのようなご説明ができなかった理由を申し上げておきます。私のような活動を憎み、地球と地球人を虐待することに喜びを覚える存在もいます。彼らは、いつも私をマークし、仕事の邪魔をしてきます。たとえば、家じゅうの会をを盗聴し、携帯その他から発信するすべての情報も盗聴され記録されます。また、絶えずサイキックアタックを加えてきます。しかし、今回は邪魔をされるわけにはいかないのです。そこで、これまで一切の事情をお話しできずにSLGスタッフとともにひきこもり、一切の活動から離れてワークをしてきました。そうしなければ、逆に皆さんにも何らかの影響をまたえていたかもしれません。しかし、どのような事情であれ、皆様にご迷惑をおかけしたことに対しては、誠意をもって対応させていただきたいと思っています。

つきましては、キャンセルに関する事務的な処理はできるだけ迅速に、責任をもって行いますので、なにとぞご協力のほどを心よりお願いいたします。
(さまざまな妨害のなかには、通信機器の不備を起こすことも多々あります。ご連絡いただいているに関わらず、こちらに届いていない場合もあります。何度か情報をうかがうこともあるかもしれません。大変お手数ですが、なにとぞご理解の上ご協力をおねがいいたします)