さて、地球にとって大きなシフトの波がやってきた10月28日以来、何となく眠い、体が疲れやすい、頭がボーっとして思考がクリアでないなど、「これで大丈夫なのかしら?」と、不安の声も出ています。また、もっとはっきりと変化が起きると思っていたのに、変わらない自分にますます焦りが出てしまう。などという意見も寄せられていますが、意外と自分のことは自分ではわからないことも多いものです。
 しかし、今は確実にMother Earthが変化を進めるとともに、彼女自身にも大きな試練が来ています。
こんな時、私たちにできることはないのでしょうか?


もちろんありますとも!
2011年11月11日この1並びの日の満月は何の意味があるのでしょうか?
世界中のスピリチュアルな活動をしている人たちが、それぞれに様々なことを発信しています。それらは恐らく皆意味のあるメッセージだと思います。
 私自身は、明日の満月に思い切りパワーを送り、浄化のパワーをアップする必要があるように感じています。
 通常私たちは太陽や月や地球といった惑星や恒星たちの恩恵を受けることはあっても、
逆に私たちの方から祝福を送ることはあまり行われていないかもしれません。
 しかし、ご存知のように、今太陽の黒点は地球の3倍以上もの大きさに巨大化し、しかもそれは思い切り地球の方向を向いています。
 もし、この状態でフレア・バーストが起きれば、地球はかなり深刻なダメージを受けることになるでしょう。
 何故なら今、地球上にはたくさんの原子力発電所がありますが、地球に大量に流れ込む太陽からのフレアのみならず大量のコロナが放出されるので原発は停止し、あの恐ろしい福島原発の時と同様に、冷却システムが機能を停止することになれば、稼働していたすべての原発はメルトダウンすることになります。
 そればかりではなく、実際の太陽そのものから地球に向けて放出される物の中には、放射性物質も入っています。
 さらに、都市部では全てコンピューター管理の社会となっています。巨大なフレア・バーストは、コンピューターシステムにも多大な影響を与えるばかりでなく、電源が取れなくなればすべてはダウンします。
 もちろんこれらは予測にしかすぎません。そして皆さんをこれ以上恐怖させる必要は全くないことも承知しています。
 ただ、このような状況が起きても、私たちの周囲の現実はすべては意識で成立していることを忘れてはなりません。

 今、月のパワーや火星のパワーを強化し、地球とのバランスを整えることは、このような事態を完全に防ぐことは難しいかもしれませんが、しかし、大難を中難、あるいは小難にすることはできるでしょう。
 このエネルギーのバランスは、太陽系にエネルギー的なピラミッドを形成することができます。まずは、火星と月は相反する質のエネルギーを持ち、この二つのエネルギーは陰と陽、+と-、のように、二極を示しています。
 しかも、この日の1という数は、全ての始まりと創造を意味する1が6つと2と0が2つすべて合わせると8となり、これは非常に強い力を表わす数です。
 この日に皆さんの内面や周囲のバランスについて考え、心静かに瞑想し、月のパワフルな浄化のエネルギーを祝福しつつすべての調和がとれて、地球の癒しが速やかに進むイメージをしてください。

 今、クリスタルスカルが13個終結し、正に新しい時代の夜明が起きようとしている事を長老たちが伝えようとしていますが、そのような状況とは別に、地球上の社会では様々な調和の欠如が顕著に表れています。
 今しばらく個人の不安を手放して、どうぞ皆さんお一人お一人の意識の力で、この宇宙に再び調和と平和がもたらされるように、祈りをささげてください。
 この地球上に生きるすべての人にシャーマニック力は宿っています。