おそらく多くの方が、今年2012年を特別な思いで迎えられたことでしょう。
そして、既に3月に入り、全ての人に大きな衝撃を与えた東日本大震災から1年が経とうとしています。
あの時私たちは多くのものを失いました。東日本の美しい海、自然、水、豊な土壌、そして家族、親友仲間、信頼、故郷・・・
この悲しみを乗り越えるには、私たちの手で安全で公平でより豊かな地球社会を実現する以外に方法はないかもしれません。

 あの震災の後、進まない復興や原発処理の問題などから派生して、腐敗した政府の実態や釈然としない経済の仕組みなどが顕在化したことで、私たち国民ばかりでなく、世界中の人々に大きな疑問を投げかけました。
 残念ながら日本では上映禁止となった「THRIVE」や「INSIDE JOB」などの世界の金融カルテルが作り出す腐敗した社会を見事に描いたドキュメンタリー映画の制作上映や反響の世界的なムーブメントは、地球の大きな変化の過程においてある意味自然な現象と言えるでしょう。
 今後もこのような動きは広まり続けますが、一方で社会の上層部にあって甘い汁を吸ってきた人たちやそのブレーンたちは、大きな圧力をかけ、必死で抵抗するでしょう。
 日本も決して例外ではありません。私たちはむしろこの震災やら続く原発事故という経験を通してそのことに気づく人も多かったのではないでしょうか。
 そして、「これ以上黙っているわけにはいかない」と立ち上がった方も多いでしょう。しかし、この事態は今に始まったことではなく、数十万年という長い間続いてきたことだということを忘れてはなりません。この腐敗した社会を作り出したのは宇宙の強欲極まりない連中であり、彼らの支配下にある上層階級の人間たちは、みな自分たちが善意のもとで行動していると勘違いさせられています。
 このような体制に対して私たちが感情的になれば、多くの人が社会意識に洗脳されているために気づかないうちに目には目的な対応に陥り、抜本的な解決には結びつかない可能性があります。

 昨年11月11日に新しい地球ロゴスたちは、地球を進化のタイムラインにシフトさせる為に、新しい地球意識のグリッドを完成させました。
 そのため、私たちは多くの気づきのための出来事や、知恵を得るための経験を促されることになります。
 一方で地球の覇権を争う大規模な宇宙戦争は、銀河連邦中央議会、銀河団中央議会、大宇宙連邦中央議会などの中立な機関の干渉によって、阻止することができましたが、しかし、彼らの貪欲で残酷な刃はむき出されたまま、無秩序と混乱の中で暴れている状態す。 おそらくこの状態は、3月末から4月まで続きます。この混乱の渦に巻き込まれることなく、高い意識を持ち続け、私たちが一刻も早く新しいグリッドに意識をアクセスできるように、どうぞ自分の中の葛藤や迷いを軽減し、バランスと調和を保つようにしてください。

 あなたが地球とともに進化する道を選択することは地球にとっても非常に重要なことです。しかし、そんなあなたが最初に突き当たる壁は、極身近な家族や、友人や、仲間です。この壁を突破するには少々勇気が必要ですが、この壁を乗り越えた時にはあなたと同様に壁を越えてきた勇敢な仲間と出会い、新しい世界が広がってることに気づくでしょう。
 2012年は既に論じている段階ではありません。自分が何をすればよいかを明確にして行動する年です。ここからいよいよ私たち人類の進化に向けてのプロセスが始まります。
このタイミングで、3月11日に、震災で亡くなられた多くの方の魂が迷うことなく新しい道へと進まれるように魂の浄化の祈りをささげ、また、地球の浄化と進化のために
私たちそれぞれが自分自身を浄化して、バランスと調和を取り戻し、新しいグリッドにつながることによって、私たちの能力が開かれてゆくためのワークを行います。
 この機会を宇宙のマスターに与えられた事は喜びであり、大きな励みとなるでしょう。