2013年を迎え新しいサイクルがスタートしましたが、滑り出しはいかがでしょうか?昨年末地球は、非常に大きなシフトを見事にクリアしてくれました。しかも私たち一人一人に大きな気づきのチャンスを与えつつこのような困難を乗り越えてくれたことに感謝せずにはいられません。
 しかし、あんなに取りざたされてきた2012年12月冬至に何も無かったじゃないか、2000年問題やノストラダムスと同じじゃないか!と憤慨されている方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください!現実的に大きな変化の波が押し寄せるのはこれからです!!


 年明けにインフォメーションを待っていてくださった方、大変お待たせました。私自身この新しい波にチューニングする必要性があったことと、宇宙の動きが非常に活発で次々に更新されてゆく情報を拾うことにかなり追われていたことなどの理由でこの場で何もお伝えできませんでしたが、最近になってようやく宇宙の新しいシステムが落ち着いて作動してきたので、今後はできる限り情報を発信すると共に、様々なマスターが私に教えてくれる叡智を皆様にシェアしてゆきたいとも思っています。
 皆さんが楽しんで受け取ってくださること、そして少しでも皆さんの魂の旅に役立てていただけることを心から祈っています。

 そうそう、今回のテーマは「祈り」ですよ。年頭にマスターたちは「今は祈りの時だ、自分の祈りについて熟考し静かに祈りなさい」と伝えてくれました。
そして、私がチャネルとなって行っているJSPスクールのマスターティーチャーJは、今新しいサイクルに入り、新しいグリッドを形成した地球は静かに祈っていると言っています。
 そうですね、今日本はちょうど冬ですが、私たちの地球が新しいエネルギーの流れに合流し静かに祈っているのは、植物が新しい芽を出し、昆虫が地中から這い上がり、全ての生命が活発になる春を迎えるために準備をする冬の季節に例えることが出来ます。
 母なる地球は、彼女自身の新しい意識場であるグリッドにすべての生命がしっかりとつながり、調和を取ながら共生できるように、また、新しい可能性のタイムラインに向かうために過去と呼ばれる時間のすべてを浄化できるように祈っています。
 さて、分子生物学の第1人者である村上和雄博士に関するドキュメンタリー映画「祈り~サムシンググレートとの対話」をご覧になった方も多いのでは?
 この映画を一言で表すと、私達の肉体に起きる変化は思考と密接な関わりがあるという量子的な作用を解く映画と言えますが、これはエピジェネティックスという新しい学問の分野で、ポジティブな思考や笑いや祈りなどが病の原因となるウイルスや細菌などの微生物やDNAの活性化に変化を起こし病気が治癒するという研究を非情に分りやすく伝えてくれる映画でした。
 村上博士は強い探求心と情熱をお持ち方ですね。なんたってあのお歳で祈りとDNAの関わりを解明した次の課題は魂との関わりを解明したい!!と言っておられるお姿から人間の持つ知りたい意識がもたらす強い生命の力を確認させていただいた感でいっぱいです。
 この映画の中で、祈られなかった患者さんと祈られた患者さんでは圧倒的に治る確率が違ってくるという実験データを提示していましたが、マスターJは、授業の中で祈りについて映画よりかなり詳しく科学的な解説をしてくれました。その内容のすべてをここでお伝えするよりは、皆さんにとって関心の高いところで、なぜ今祈りの時なのかという点と祈りのコツについてここでシェアしておきましょう。
 まずなぜ今祈りが必要かと言う点に関してですが、先ほど書いた通り、宇宙の新しいサイクルに入り、地球は新しいエネルギーの流れに合流しました。これは地球上の量子場に大きな変化が起きたことを意味しています。
 そしてあらゆる物質や現実やそれらを巡るエネルギーなどすべてを構成している量子場が変化するということは、私たちの存在そのものや、マインド、思考などの目に見えない働きなど全てに変化が生じているということになります。
そのために皆さんのフィールド(ヒューマンエネルギーフィールド、あるいはバイオエネルギーフィールドなどと呼ばれるオーラを含む意識場)は今までと違ったエネルギー状態となりますが、脳を機能させているのは、実は皆さんの肉体の外側にあるこの意識場です。したがってここに大きな変化が起きれば脳の機能も変化します。
 最近、今まで感じたことのない感覚がある。たとえば地震が発生する前に地震が起きているような感覚。遠くにいる人たちの会話がすぐそばで聞こえる。未来のビジョンが突然に浮かぶというようなことがないでしょうか?場合によっては感覚的なものではなく解る、あるいは知っているといったものかもしれません。そのような感覚は今までと違った脳機能の現れです。
 そして、新しい機能が使われるためには当然脳内ではたくさんの新しいニューラルネットワークが形成されていることになるので、何もしていないのにやけに疲れる、変な時間に急に眠くなる、めまいが頻繁に起きる、頭痛がしたり急に吐き気がしたりする。などの状態が起きているかもしれません。
 
 さて、この量子場の変化によって、私たちの時間の感覚にも大きな変化が起きています。量子的な論理では、時間は過去から未来へと勝手に流れているようなものではなく、すべての瞬間がここに堆積しているということになりますが、実際に私たちが体感し、経験できるのは瞬間瞬間と言うよりやはり川のように流れてゆく時間ですよね。ところが、今は宇宙から地球に降り注いでいる宇宙線の量が通常の3倍以上になっていることもあり、瞬間瞬間の密度が濃くなっています。この状態は今から次の瞬間への移行が曖昧だった今までとは違い、人の思考が今まで以上に明確に次の瞬間を選択するような現実を展開させてくれます。
 この現象を分りやすく言うと、すべての事象がリープ(飛躍)しやすくなるということです。つまり物事が急変したり、プロセスを大幅にすっ飛ばして結果を出したりすることになるんです。どうですか・・・ここまで聞くと祈りが重要な訳がわかったような気がしませんか?
 その反面時間の前後のつながりが薄くなるために、概念的につじつまが合わないような出来事も多くなります。例えば、ここにあったものが誰も触れていないのに別の場所にあったり、さっき大阪の街で見かけた人が東京に着くと目の前を横切って行ったり、今追い越したはずのトラックが3台前を走っていたりといった具合です。実際こんな変なことが沢山起きていますよ。
 では祈りに話を戻しましょう。すべての現実は私たちの思考によってここに既に何億通りもある可能性の中から次々と未来を選択し続けている結果です。そして、今は突然変異的に飛躍した現実をここに現すことが可能な状態だとすれば、いつものように無意識のうちにつまらないことを考えていたり、まだ起きてもいないことに心配したり恐れたりして過ごすのはもったいないことですね。ぜひ今からは、自分の思考を野放しにせずに自分の望むことを明確にして物事を考えるようにしましょう。

 それでは、上手に現実を飛躍させ、皆さんが幸福な経験を得ることが出来るように祈りのコツをお伝えしましょう。
 まず、マスターたちは祈りには切実さが必要だと言います。もちろん、ある程度概念的な祈りが通用しないわけではありませんが、そのような祈りを実現化するには多くの人が同じように祈る必要があったり、あるいは実現化までに少し時間がかかったりする場合もあるかもしれません。つまりは確実さに欠けるということでしょう。
 しかし、その祈りが心からのものであり切なる思いがあるということは、より切実なことだと言えます。そのような場合はたった一人の祈りでも瞬間的に現実に変化を起こすことが可能です。 
 ただし、もう少し条件が付きます。まず祈りはリラックスした状態で行わなければならないのだそうです。マスターJいわく、祈っている間にセロトニンを含む3つの物質が脳内や他の部分で分泌されている必要があるとのことです。つまり、かなりリラックスした状態が必要であるということですから、祈りの中に恐怖心や不安感、不信感などが含まれない事が大切です。
 たとえば、「どうか失敗しませんように」と祈るより、私は確実に成功する、宇宙のすべては完璧なはずというような思いを持って、「最善なる結果を与えてください」と祈った方が効果的だということです。
 苦しい時の神頼みというよりは、少し落ち着いてリラックスした中で高い視点から物事を見られるような意識状態を整えてから祈ることが大切ですね。深刻さを伴う祈りは実は届きにくいのです。清々しい気分で祈る祈りの方がずっと力強く量子場に伝わります。
 また、祈りはスタイルや儀式ではないとも言われます。形に囚われる必要はなく、いつどんなときにも祈ことは可能です。歩きながらでも、入浴中でも、食事をしながらでも大丈夫ですよ。大事なのはハートで祈る事であって、形式や概念ではありません。私は、電車の中、車の中、掃除をしながら、鏡の前で化けるとき、歩きながら等々結構よく祈っています。

 さて、いかがでしょうか?2013年から実際多くの変化が起き始めます。これらの変化についてはまたお伝えしてゆきますが・・・
 この大事な始まりの時期に皆さんが祈りたいことは何でしょうか?何を求めて、どんな希望を抱いているのでしょうか?皆さんの切なる思いが量子場に波及して大きく現実を動かしてくれるようにと私の祈りに付け加えておきましょう。
 そして、「この地球上のすべての過去と呼ばれる時間を祝福します。私の魂のすべての経験を祝福します。」という祈りを皆さんの祈りにもぜひ付け加えてください。これは地球の浄化のために非常に有効だとマスターJも言っていました。
 それでは、みなさんの願いをできるだけクリアにしてぜひ毎日祈りをささげてください。私はよくマスターに言われてきました。「知識だけでは知ったことにはならない、実践して経験したときに初めて智恵を得たことになる」と。