「宇宙に免疫力をつけるプロジェクト」第1回説明会に多くの方が参加してくださった事に心から感謝し、参加者の皆様の熱心さや地球に対する愛情や感謝の気持ちを感じることが出来たことは、皆さんの中に今後の地球に大きな可能性を創造する強い力が存在することを確信させてくれました。また、このプロジェクトに関して宇宙の支援が目に見える形で確実に進行していることを感じずにはいられません。
 

 今このように広く皆さんに呼びかけていく活動をする一方で、私はAs評議会のマスター達のアイディアで実際に皆さんに意識が変化するということはどんなことなのか、そして今まで使ってこなかった私たちの能力を開くために何が必要なのかといったことを実際に体験しながら理解していただくためのセンターを設立しようと考えています。
 こちらの動きはまさに人間にとっては奇跡の連続で、素晴らしい人たちとの出会いや農地確保やセンター準備施設の建設予定地の確保などありえないスピードで進んでゆきます。また、内容を充実させるために新たな出来事が目まぐるしく展開してゆく毎日です。(これらの詳細はまたプロジェクト説明会や会員ミーティングなどでもお話してゆきましょう)
 また、JSPスクールの新クラスがスタートし、新しい仲間を迎えることが出来た喜びと感謝の気持ちで初日の台風の風も新しいエネルギーを運んでくれる力強い動きを示しているようにさえ感じることができました。「宇宙に免疫力を着けるプロジェクト」は、多くの人の智恵や力や情熱によって初めて成立するプロジェクトです。また、今後は日本を中心にあらゆる分野においてこのようなプロジェクトが立ち上がるかもしれません。いえむしろ立ち上げてゆく必要があるというべきでしょう。JSPスクールで智恵と力を身に着け、地球への奉仕者としての魂の計画を思い出し、胸を張って輝かしい活躍をしてくれる人材をお預かりすることは私の誇りです。そして、地球が再び宇宙の仲間として大きな役割を果たせるように、彼らが新しい地球文明を創造する一員として力を発揮してくれることを心から願っています。

 さて、このプロジェクトを立ち上げようと決意するまでには、私自身の中に様々な葛藤もありました。実はこのプロジェクトにおける私の仕事内容は私の魂にとって一番苦手なことを要求されていると言ってもよいからです。私はかつて琴座の周囲に多く住んでいた翼族の地球外生命だった時、地球に降り立ち宇宙文明について、私達の社会モデルや科学的な技術やスピリチュアルな智恵について地球人類に伝えようとしました。しかし、私のコミュニケーション力が不足していたために一方的なアプローチとなり、地球人達には全く理解してもらえませんでした。これは後々大きな傷となり、私は地球嫌いとなり、地球人に対する恐怖心さえ持ってしまいました。しかし、大きな失敗から学んだことはとても多いはずです。無駄な失敗などありません。大きな困難や失敗は、知恵を得るためのチャンスとしてある以外に何の理由もありません。その意味では、今回As評議会メンバーとしてこの役割を与えられたことは、私にとって痛い失敗から得た智恵を活かすためのチャレンジの機会でもあります。
 そこで、このプロジェクトは私から皆さんに一方的に情報などを提供するのではなく、あくまでも参加される会員の皆様が自発的、積極的に発言し、また活動し、相互に助け合って地球社会の進化における新しい方向付けをしてゆくことが目的となります。
何事も実践あっての実りです。ぜひ新しいアイディアを持った方、素晴らしい技術を持っている、もしくは技術開発に興味がある方、発信力のある方、経済力のある方、身体能力が高くタフな方等々多くの皆さんのご参加をお待ちしています。
 また、このプロジェクトにおいては、今までの価値観や概念を覆す新しいパラダイムを樹立してゆくことが重要です。したがって、どちらかというと今まで人の評価を得られずに苦しんできた方、また既存の社会に適応力が無いために苦労されてきた方、人に理解されずにずっと疎外感を感じ、長い間孤独な旅を続けてきたと感じている方も大歓迎です。むしろ、今こそ皆さんの意見を自由に発言し、抑圧してきた能力を自由に発揮して多くの仲間と分かち合う時が来ているのですから。

 宇宙の仲間たちは、既に大きく変化したパラダイムのもとで公平な分かち合いと、更なる発展のために地球へのアプローチを熱心に考案中です。私たちも彼らに対する免疫力をつける、すなわち今まで全くといってよいほどに開示されてこなかった宇宙情報を受け入れ、理解して彼らに対して友好的な意識を持ち、いつか目に見える形で様々な交易を開始するときが来ることをイメージしてゆく必要があるでしょう。
 今巷には宇宙に関する様々な情報が流れているようです。その中にはもしかするとその人が抱いたか何者かによって抱かされた妄想である場合もあるかもしれませんが、しかし、何が間違った情報だなどと言うことはできません。なぜなら、宇宙はここ3年ほどの間に目覚ましく文明を発達させることが出来ました。ここまでの道のりにはたくさんの岐路があり、その都度多くの困難に直面し、それぞれの選択を余儀なくされたのです。つまり、宇宙は平行化したタイムラインを抱えていてたくさんの現実が出現してしまったことも確かです。そして、宇宙情報の発信者たちがどのタイムラインから情報を受け取っているかは、ほとんどの地球人達には理解できません。
 だからこそ、今我々がどのタイムラインを選択し、私たちのマザーアースが何を望み、どこにフォーカスしようとしているのかを明確にして私たちの未来への進路をシフトさせてゆく必要があるのです。
 私はあくまでもAs評議会および、大宇宙中央議会の推進する平和で豊かで公平な社会、戦いや争いはなく、しかし宇宙万物の生命に宿る健全で知的な好奇心を掻き立ててくれるたくさんの面白い刺激に溢れた社会を実現したメンバーの一員として発信してゆくことをどうぞご理解ください。