「来るべき時に備えて〜叡智の開示vol1」情報会のお知らせ
 
日時:2014年3月23日(日)13時会場 13時半開始
場所:都立大学駅 徒歩5分 (お申込みいただいた方に詳細をご連絡差し上げます)
参加費: ¥8,000

 最近、良くも悪くも多くの人がインターネット上で様々な情報を流していますが、それらが信憑性のある情報であるか否かを識別することは、本当に難しくなってきています。
今までであれば、そもそもコントロール下にあるメディアの世界が一斉に扇動するための情報を流したり、また、混乱を促したり、あるいは、大きな出来事で気を逸らしておいて、水面下で悪だくみを進行するためのニュースにすっかり騙されてきたのが、私たちの立場と言えるでしょう。
 しかし、今は個人が勝手に様々な情報を流すことができます。しかも、その中の一部の人たちは、かなりの影響力を持つようになってきています。もちろん、その中には善意に満ちた人もいるでしょう。
しかし、本人は善意のつもりでもダークな力に操られている人も少なくはない事実を観てきました。

 問題は書き手ではなく、あくまでも読み手です。何故なら、例としてゲームを考えてみてください。
何か面白いゲームを提供する人がいたとして、それはゲームソフトでも、鬼ごっこのような単純なゲームでも良いでしょう。ゲームを楽しんだり、スリルを味わったりするのはゲームの提供者ではありません。
それはゲームに参加したプレイヤーです。
 ネット上で情報を提供する人たちはある意味ゲームの提供者でしかありません。それをどう読んで楽しむか、活用するのかしないのかは読み手の自由です。しかし、ゲームに負けたことをゲームの提供者のせいにしても何の特典も得ることもできません。

 得た情報をじっくりと検証することなく、鵜呑みにする人や、また正しい情報であっても形勢の逆転や、状況の変化によって、良い結果を得られないこともあるにも関わらず、うまくいかない状態や、予想外の結果に一喜一憂し、独りよがりな喧嘩を売ったりする事態は、実は、正にカリ・ユガの末期状態を示している現象と言えるのです。インドやチベットやヒマラヤの聖典においては、既に5千年以上も前にそのような現象が起きることを予言されています。

 そのような中、私たちは何を信じて何に従えばよいのでしょうか?今後は、それぞれの意識状態が非常に大きく運命の明暗を分けることになります。
 そこで、今回の情報会では、これらの現象に巻き込まれたり、扇動されたりすることのない「意識」ということについて、ぜひ皆さんに知っていたいただきたいと思います。
何故なら、良好な意識の状態を維持することこそが、実は、あなたをあらゆる困難から守り、次なる次元へと運んでくれる「ノアの方舟」となるからです。
 また、今回は意識によって自分の肉体も感覚も変化することを実験的に体験していただきます。


マザーアースと共に新しい次元を開くために、私たちは自分の身を自ら守る責任と必要があります。
皆様のご参加を心からお待ちしています。
 
Saarahat