このエッセンスは、古事記にも伊邪那岐[イザナギ]伊邪那美[イザナミ]両神によって造られたと記されている神聖なる地「淡島」を守りこの辺り一帯に豊かさと繁栄をもたらしてきた市寸嶋比売命[イチキシマヒメノミコト](日本書紀では市杵島姫、天照大御神[アマテラスオオミカミ]須佐之男命[スサノヲノミコト]宇気比[ウケヒ]と呼ばれる誓約の証として生まれた女神)のメッセージをチャネルすることによって2005年2月3日に創られたもので、アバンダンスと呼ばれる魂の歓喜につながる豊かさを与えてくれるものです。


「現在、販売しておりません。」

ジョイジョイジョイ
 このエッセンスは、古事記にも伊邪那岐、伊邪那美両神によって造られたと記されている神聖なる地「淡島」を守りこの辺り一帯に豊かさと繁栄をもたらしてきた市寸嶋比売命(日本書紀では市杵島姫、天照大御神と須佐之男命の宇気比と呼ばれる誓約の証として生まれた女神)のメッセージをチャネルすることによって2005年2月3日に創られたもので、アバンダンスと呼ばれる魂の歓喜につながる豊かさを与えてくれるものです。
 この淡島には古くからたくさんの言い伝えがありますが、今から800年ほど前にこの地で栄えていた豪族の娘がいました。この姫は生まれたときから不思議な力を持ち、市杵島姫の生まれ変わりとして人々から敬われていました。ある年の夏の終わり、大きな台風が駿河湾に襲来し来る日も来る日も荒れ狂う海を治めるためにこの姫が海の神に会見し、嵐を治めてもらうために三人のお供をつれて自ら海に飛び込みました。その途端海は穏やかさを取り戻し、やがて益々の繁栄をもたらすことになりますが、一方人々の心は、女神として敬っていた姫を失った悲しみも大きかったので、姫の御霊はその場を離れることができずにいました。
2004年12月、淡島神社を訪れた女性チャネラーに市杵島姫のメッセージがおりました。いわく、海に身を投げた姫の御霊の一部は確かに市杵島姫自身の御霊であり、さらに姫と共に沈んだ三人の若き勇者の一人が転生して現在淡島ホテルの社長になっているとのことでした。地球という星自身が進化を遂げようとしている今、聖なる地「淡島」は今後その役割を果たす重要なスポットとなる。ここに沈んでいる姫を引き上げて癒し、市杵島姫とひとつになるために安芸の厳島神社に還してほしい。そして、七日七夜たったらより強いパワーをもってここへ戻るので午前7時に迎えて欲しいと言われました。こうして2004年12月17日早朝、淡島ホテル社長夫妻が淡島神社境内を掃き清め、チャネラーとともに厳島神社より市杵島姫をお迎えいたしました。
この日の朝、澄み切った空は雲ひとつなく、早朝からまるで市杵島姫が帰られるのを知っているかのようにイルカたちが喜びを表現して興奮していました。島には本当にたくさんの鳥が集まってきていて不思議な雰囲気でした。そして約束の午前7時きっかりに、鳥居から社殿に向かって一直線に朝日が入ったのです。このときチャネラーの目には、鮮やかな赤い着物を召された美しい市杵島姫が社殿に入られたお姿が映りました。さらにこの女神は「私は地球の進化と繁栄を助け人々に幸福になるための気付きを与えるために戻ってきた。たくさんの人にギフトを与えることを約束しよう。」といわれました。その約束のひとつとして翌年の旧正月である2月3日に創られたのがこのエッセンスです。
■エッセンスの効能
喜びを表現することは物質的にも精神的にも霊的にもたくさんの豊かさを引き寄せます。私たちは、日常生活をもっともっと楽しく過ごす能力があるのだと彼女は伝えています。そしていつも自分自身に敬意を払い自分に優しくそして大切にしなさい。自分が楽しく在るためにどうしたらいいか取り組みなさい。正しく生きるより、楽しく生きることが平和な世界をつくるためには大切だと言っています。このエッセンスは、私達のちょっとした日常生活の隙間に深いリラックスを与え、自分自身を大切にして、楽しませてあげることができるようなゆとりを取り戻すことによって豊かさを引き寄せ、そしてその豊かさを喜びをもって受け入れることによって、ますます豊かさを引き寄せるという枯れることのない豊かさの泉のような嬉しいエッセンスです。
■使用方法
頭の上の方にスプレーし、シャワーのように全身に浴びるようにしてご使用ください。また、お部屋や自動車などに2〜3回スプレーしてお使いいただくこともできます。1日に何回ご使用になっても害はありません。使用し始めたらなるべく1週間くらいは毎日続けて使用されると効果的です。
■ご注意
物理学的には水に一定の周波数の波動を記憶させたものですので、電磁波に弱く、記憶させた波動が壊れる可能性がありますので、携帯電話やパソコンの近くに置いたり、テレビの上に直接置いたりしないでください。
精油を入れてありますので、口中にスプレーしないでください。また、目に入らぬようにご注意ください。直射日光をさけて涼しい所においてください。
■エッセンスとは?
水に花や神聖な場所や動物などの有効な情報を波動というかたちで記憶させたもので、古くは古代エジプトやクレタ文明、アボリッジニなど多くの文明で癒しや錬金術あるいは神聖な儀式などの目的に使われてきましたが、1930年頃イギリスの免疫学の開祖といわれる医学博士エドワード・バッチが医療用に開発したのがきっかけとなって、今では全世界でおよそ1万種類以上のフラワーエッセンス、ネイチャーエッセンス、アニマルエッセンスが様々な場面で使用されているといわれています。水に花や神聖な場所や動物などの有効な情報を波動というかたちで記憶させたものです。日本ではまださほど認知度は高くないようですが、ヒーリングやスピリチュアルセッションなどでは多く使用されています。また、東京の統合医療ビレッジなど一部の医療機関でも使用されています。

発売元 Super Life Gallery
http://www.superlifegallery.com/