昨年12月に開催しご好評いただきました、松本有記クリニック 院長 松本有記先生 を講師にお招きしたセミナー『病気のない世界を目指して』の、第2回目の開催が決定しました。

                          お申込はこちら

『あらゆる病気は、自然治癒力でしか治せない』


漢方は症状をとるためには最適だそうですが、自然治癒力を最大限に引き出すには、やはり質の良い睡眠が必要不可欠です。

さて、現代社会ではさまざまな病気が蔓延しておりますが、その一方で、病気の原因や治療法などが判明してきたものも数多くあります。

例えば、高齢者の4人に1人が予備軍と言われている認知症ですが、アルツハイマー型認知症は「アミロイドβ」という原因物質の蓄積が引き金になっていることが明らかになってきました。

この原因物質となる「アミロイドβ」は、私たちが寝ている間に除去されるそうですが、
認知症だけではなく、がんや自律神経失調症、鬱などあらゆる病気は睡眠で予防できると松本先生は考えておられます。

つまり、健康や脳のパフォーマンスを維持するためには、良質な睡眠が鍵となるようです。

そこで、今回のセミナーでは「東洋医学からみた眠りのしくみ」や、健康の基礎となる「睡眠」についてさまざまな観点からお話しいただきます。

・良質な睡眠があらゆる病気を防ぐ
・がん、認知症などのリスクを下げる
・体を土台からアップさせる
・眠りの大切さ
・サーカディアンリズム
・睡眠で記憶力・集中力アップ
・お肌も若返り、免疫力もアップ
・寝だめはできるのか
・年を重ねるほど、眠りにくくなる理由とは
・どうすれば良質な睡眠がとれるのか

など

また、当日は松本先生ご自身の体験談をはじめ、日常でも簡単に取り入れられるストレッチを行いますので、
心身ともに、健康になるための土台づくりにお役立ていただけると思います。


日時:3月25日(日)
13時40分開場 14時00分開始 16時30分頃終了予定

会場:東京都目黒区内

参加費:7,000円(税込)

★お申込はこちらから


◆講師 松本有記 プロフィール◆

京都薬科大学卒業
神戸大学医学部卒業
兵庫医科大学病院(皮膚科/内科)
県立尼崎病院東洋医学科(非常勤)
尼崎永仁会病院漢方専門外来
松本有記クリニック 院長

子供の頃から体調不良に悩まされ、健康になることを追及するために医師となる。

病気を治療していく方法として、食物、睡眠などの生活習慣を見直し、
一人ひとりに合った漢方の処方・サプリメントの開発・メディカルストレッチなど独自の治療スタイルを確立。

現在、約400種類の漢方薬を症状に合わせて選び抜き、その方個人の完全オーダーメイド漢方薬を処方し、表にみえる症状だけを取り除くのではなく、
背後にあるバランスの崩れを読み取り、根本からの治療に取り組んでいる。