『第3回 病気のない世界を目指して』

酵素が健康を導く
~おなかから毛細血管まで 知られざる“酵素”の世界~

ご好評いただいております、松本有記クリニック 院長 松本有記先生 を講師にお招きしたセミナー『病気のない世界を目指して』の、第3回目の開催が決定しました。

今回はあらゆる生命活動に深く関わっている″酵素″をテーマに、
酵素とは何なのか?
おなかから毛細血管に至るまで、健康に欠かせない酵素の役割について
さらには、舌で消化器のようすがわかる!『セルフチェック』のポイントもお伝えいたします。


酵素には、食物に含まれる食物酵素や、体内でつくられる酵素などがありますが、 実は“酵素”が、脳梗塞・高血圧・糖尿病などの予防にもつながっていることはご存知でしょうか。
そして、そのカギとなるのが、おなかと毛細血管になります。

◆こんなことはありませんか?
・食べるとしんどい、眠くなる、横になりたくなる
・おなかがすいたらすぐ食べないともたない
・便通がイマイチ、臭いガスがよく出る


それは、消化器官(おなか)がうまく働いていないのかもしれません。

東洋医学的には『おなかが元気だと、体は元気である』 と昔から言われていますので、いかに、おなかのチカラをしっかりさせるかが大切です。

また、最近注目されている「ゴースト血管」は、加齢などにより血流不足・酸素不足が起こることで、脳や骨・お肌だけではなく、目や毛細血管の塊である腎臓にまで影響が及びます。


体内で酸素や栄養・老廃物のやりとりをしているのは太い血管だとイメージされるかもしれませんが、実は毛細血管が重要な役割を担っています。


しかし、毛細血管は加齢により、60代ではなんと4割も減少してしまいます。

そこで、
◆赤血球が末梢までしっかりめぐるためには、どうすればよいのか。
◆血栓のもとは、未消化物
◆しなやかな赤血球を手に入れるカギとなる『油』
◆5つの生活習慣改善ポイント

他にも、腸内環境がかわると、性格まで変えられる⁉︎
乳酸菌より手前の段階で、腸にはたらきかけるという新発想についても、お話しいただく予定です。


日 時:7月22日(日)
13時40分開場 14時00分開始 16時30分頃終了予定
会 場:東京都目黒区内
参加費:7,000円(税込)


★お申込はこちらから


◆講師 松本有記 プロフィール◆

京都薬科大学卒業
神戸大学医学部卒業
兵庫医科大学病院(皮膚科/内科)
県立尼崎病院東洋医学科(非常勤)
尼崎永仁会病院漢方専門外来
松本有記クリニック 院長

子供の頃から体調不良に悩まされ、健康になることを追及するために医師となる。

病気を治療していく方法として、食物、睡眠などの生活習慣を見直し、
一人ひとりに合った漢方の処方・サプリメントの開発・メディカルストレッチなど独自の治療スタイルを確立。

現在、約400種類の漢方薬を症状に合わせて選び抜き、その方個人の完全オーダーメイド漢方薬を処方し、表にみえる症状だけを取り除くのではなく、
背後にあるバランスの崩れを読み取り、根本からの治療に取り組んでいる。


    お申込はこちらから